ページ

2014年11月21日金曜日

波佐見焼の碗

今から400年前に佐賀県との県境に位置する長崎県波佐見町で生まれた波佐見焼。
江戸時代には大衆向けの食器を大量に生産し、
くらわんか碗や輸出用向けのコンプラ瓶などの当時の大ヒット商品も生んだ波佐見焼。 

以来、日本の日常食器に欠かせない存在になってる波佐見焼のお茶碗が入荷しております!!


手に馴染む優しいお茶碗です。


職人さんの豊富な経験と熟練の技から、
この絶妙な手触りと重みが生まれているなと感じます。


ギフトにもオススメですね。


合わせて土鍋も入荷しています♪♪

0 件のコメント:

コメントを投稿